宿の日記帳

管理人セレムの不定期かつ気ままな日記です。 主にアニメやゲーム関係等。後、適当に思いついたことを書く予定。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

なのはA'sな感想 第06話  八神家、家族計画

魔法少女リリカルなのはA's
   第06話 それは小さな願いなの(後編)




・今回のアバンタイトルの台詞(ヴォルケンリッター・シャマル&シグナム)
シャマル「それは、小さな願いでした。」
シャマル「何事もない、穏やかな日々。ただ、静かに過ぎてい日々。」
シグナム「何よりも愛しかったその日々に・・・暗く、静かに墜ちた陰。」
シャマル「運命という名の鎖を断ち切る力。この手に得ることが出来るなら、全てを捨てても構わないと・・・」
シグナム「誓いは夜天の星の下・・・この手の剣で、未来を開く。」


シャマル「魔法少女リリカルなのはA's、始まります。」



今回のアバンの語りはヴォルケン組よりシャマルとシグナムの夫婦コンビWW・・・です。まさかなのは、フェイト、はやて以外のキャラクターでのアバンの語りがあると思ってなかったんで意外・・・
ってことは、次回(・・もしくは残りの回のいずれか?)はヴィータとザフィーラでのアバンの語りがあるのか?(ヴィータはともかくザフィーラは別に語りがいらん様な気もするが・・・)


*アバン考察
出だしの台詞は5話のはやての台詞とほぼ同じ内容のくだり・・・ヴォルケンリッター達もはやてと過ごしていく穏やかな日々を大切にしていた。
しかし、4人は気づいてしまった。闇の書のマスターであるはやてのリンカーコアが未成熟であり、自分たちの存在を維持し続けるための魔力を消費していることから足の麻痺の進行が進んできていること。そしてはやがてそれが内蔵の麻痺へと発展してはやてが死んでしまうかもしれないこと。闇の書の真の主となれば病は消える・・・少なくとも進行は止まる。その為だったら何だってする。
再び穏やかな日常を取り戻すために・・・




・・・で本編。前回のなのは達の会話の続きから始まる。闇の書の守護騎士ヴォルケンリッターは使い魔での人間でもない疑似生命・・・
その言葉を聞いて「私みたいな・・・」というフェイト。
そこでリンディお義母さんのフォロー入ります。
nanohaA6-1.jpg

リンディ「違うわ!・・・フェイトさんは生まれ方が少し違っていただけで、ちゃんと生命を受けて生み出された人間でしょ!?」

nanohaA6-2.jpg

クロノ「検査の結果でもちゃんとそう出てただろ。変なこと、言うもんじゃない。」


ちゃんとお義母さんお義兄ちゃんやってます。
nanohaA6-3.jpg

やっぱり優しいだけじゃなく間違ったことをやった時、言った時にちゃんと怒ってあげられるのも家族ですね。(-_-)



nanohaA6-4.jpg

闇の書が転生、再生を繰り返す中、様々な主の下を渡り歩く4人。意思疎通能力は確認されているけど感情があるという話は今までにないという。役目を果たすためには感情なんて必要のないプログラムだが・・・

なのはやフェイトはしっかりとヴィータやシグナムから感情を感じ取っていた。怒ったり、悲しんだり、主や仲間を思ったり・・・
nanohaA6-5.jpg

nanohaA6-6.jpg

それを聞いて何か思うところのあるクロノ君。このあたりの因縁の話が出てくるのはまだもう少し先かな?何かリンディもクロノ君の事情についてはもちろん知っているような素振りもあったし、どう考えても親父絡みにしか思えんのだが・・・

ヴォルケンの転移先から見ても主はこの近くにいるのは間違いない・・案外主の方が先に捕まるかもしれないと推察するクロノ君。

・・・ああ、俺もそう思うよWW

闇の書についてもう少し詳しいデータが欲しいというクロノ君。そしていつもではあり得ない笑顔を淫獣に向け頼み事をする。
nanohaA6-7.jpg

淫獣、久し振りの出番か。


夜の帰り道、闇の書の主について考察するなのはと淫獣。ってか、こんな時間に小学3年生が外を出歩いてるなんて、家族は心配しないのかねぇ・・・(激しくどうでもイイガ・・・)


なのは「案外、私達と同い年ぐらいの子だったりしてね。」
淫獣「あぁ・・・さすがにそれはぁ~。」

なのはさん、大当たりです(^^;)




nanohaA6-8.jpg

すずかからの画像付きメール。はやてがすずかの家でお泊まりです。
・・・ってことはこの頃はヴォルケン組と戦闘をした夜って事だよナァ?
で、その後クロノ達の家で話し込んでいて・・・なんか時間軸が判らんぞ!?(# ゚Д゚) 




nanohaA6-9.jpg

まぁ、これで「すずかちゃん、闇の書の主・はやてちゃんをなのは達に紹介フラグ」が立ったわけですね(^^;)
これではやての家に遊びに行ってヴォルケン組とばったり出くわして、はやてが闇の書の主だって知るという展開も無きにしもあらず・・・(-_-)



nanohaA6-10.jpg

nanohaA6-11.jpg

昨日はすずかちゃん家にお泊まりのはやてちゃん。その笑顔はすずかちゃんによって大人になったお友達と楽しく過ごせた証です。



nanohaA6-12.jpg

八神家でははやての帰りを待つシグナムとシャマル。なんかシグナムはソファーで眠ってるシーンしかないなぁWW


nanohaA6-13.jpg

nanohaA6-14.jpg

私たちみんな変わったというシャマル。全ては、はやてがマスターになった日から・・・・

語られるヴォルケンリッター達の過去。
語られるはやてとの出会いからの日々。
語られるはやての家族計画WWWW



nanohaA6-15.jpg

はやて「そっか・・・みんなが来てからもう半年以上になるんやなぁ・・」

そ、そんなに時間経過があったのか・・・








闇の書の起動と共にはやてのリンカーコア?から魔法陣が発生し、現れるヴォルケンリッターの4人。
nanohaA6-16.jpg

nanohaA6-17.jpg

nanohaA6-18.jpg


感情など感じさせない、ただ主の命令を待つプログラム。今の彼女達とは似ても似つかない・・・

nanohaA6-19.jpg

彼女達の出現に気絶するはやてに唯一冷静なヴィータに少し人間らしさを感じたけど・・・(慌てるシャマルにも)





nanohaA6-20.jpg

病院で医師達に囲まれるヴォルケン組。完全に変な人たちですWW
ってか、誰かザフィーラの頭に耳が生えてることに突っ込んでやれよ!!

ともあれはやての最初のご命令(お願い)でその場を切り抜けますが・・・正直気絶しただけで病院に連れてくるってのもどうかと・・・

nanohaA6-21.jpg

・・・それはともかく、シャマル結構胸がでかい・・・

闇の書とか魔法使いとか言う単語が出てることからはやてには一通りの概要がヴォルケン組から説明があったと思われる。これではやては事情を何も知らないって事はなくなったな。
事情を聞いたはやてに判ったことが一つ・・・


nanohaA6-22.jpg

はやて「・・・闇の書の主として、守護騎士みんなの衣食住、きっちり面倒みなあかんことや。」 



nanohaA6-23.jpg

割と大事だと思うのだが割と冷静にヴォルケン達を養う話に入るはやて。大物だ・・・

本当に・・・今までの主とは何もかもが違っていた(シグナム談)


今回の入浴シーン(*´Д`*)
nanohaA6-24.jpg

nanohaA6-25.jpg

nanohaA6-26.jpg



食事風景
nanohaA6-27.jpg

nanohaA6-28.jpg

ザフィーラが犬じゃないと言うことをはやてが理解していることは判ったが、食事の扱いは酷い・・・

nanohaA6-29.jpg

はやての食事を使い方をよく知らない箸で食べるヴィータ萌え(*´Д`*)


・・・ともあれ、八神一家の家族計画は始まった・・・(違うって・・・)


今週のアイキャッチ
nanohaA6-30.jpg

nanohaA6-31.jpg

nanohaA6-32.jpg







武器は自分たちのを持ってるが甲冑は主から貰わなければいけないらしい。・・・ってことは彼女達の着ている騎士服ははやてのセンスって事だな。
まぁ・・・何となく判っていたがヴィータのあの帽子ははやてがデザインしたもの、だから1話で帽子飛ばされてた時にキレたんだな。

nanohaA6-33.jpg

nanohaA6-34.jpg

しかしこのウサギ・・・正直かわいいとは思えんのだが・・・


nanohaA6-35.jpg

ま、ヴィータの笑顔が見れたんでいいや・・・(*´Д`*)


はやて&シグナムの会話
nanohaA6-36.jpg

はやて「・・・自分の身勝手で、人に迷惑かけるんわよくない・・・
私は今のままでも十分幸せや。」
「父さん、母さんはもうお星様やけど・・・遺産の管理とかはおじさんとかがちゃんとしてくれてる。」

うーん、はやてを抱きしめてぇ・・・

それにしても遺産の話とかいきなり現実に引き戻されたな・・・
両親が居ない身だと必ず絡んでくる話だが・・・
父親の友人が遺産の管理をしているって言うが、とりあえず黒い話になら内容で安心・・・

このはやての父親の親友の話、一体どう影響するのか・・・(ま、設定だけで話に影響がない可能性もあるんだが・・・)

仮面の戦士=クロノの親父=はやての父親の友人
って、図式が俺の中で密かに立ってるんだが・・・無理があるか?



nanohaA6-37.jpg

ヴィータの「はやてのご飯はギガウマだしな~~」発言が密かに好きDESU。



nanohaA6-38.jpg

はやての病状に命の危険があることを聞く父と母シグナム、シャマル。半年の間に足の麻痺が少しずつ上がってきており、このままでは内蔵機能の麻痺にまで発展する危険性があるという。

nanohaA6-39.jpg

nanohaA6-40.jpg


ずっと傍にあった闇の書が未成熟なはやてのリンカーコアを蝕んで生命活動を阻害していたという・・・
こういう理由があったのか・・・


nanohaA6-41.jpg

泣きながらはやてを助けなきゃと叫ぶヴィータ。
シグナム「我々に出来ることはあまりに少ない・・・だが」

夜天の下で向かい合う4人。

nanohaA6-42.jpg

はやてが闇の書の主として真の覚醒を得れば闇の書で蝕まれた病は消える。はやての未来を血で汚したくはないから人殺しはしないけど、それ以外だったら何だったする。

いつか星空の下で誓ったはやてとの約束

私がマスターで居る間は闇の書のことは忘れてて・・
みんなの仕事はうちで仲良く暮らすこと・・・

・・・ただ一度だけあなたとの誓いを破ると変身するシグナム達。


nanohaA6-43.jpg



ヴォルケンリッター達の誓い。


って事は闇の書のページを蒐集している事事態ははやては知らないと言うことになるな。おそらくは後半の展開で知ることになるんだろうが・・






nanohaA6-44.jpg


一人闇の書のページを蒐集するヴィータ。ボロボロになっても歩くことを止めないヴィータ。

ヴィータ
「痛くない、こんなのちっとも痛くない!・・・昔とはもう、違うんだ・・・
・・・帰ったらきっと・・・暖かいお風呂と・・・はやてのご飯が待ってんだ!
・・・優しいはやてがニコニコ待っててくれるんだ!
・・・そうだよ、私はすっげぇ幸せなんだ!!
だから!!こんなの・・・全然・・痛くねぇ~~!!!」
 



nanohaA6-45.jpg


この辺見てた時、何かマジで泣けてきた・・・(T_T)
元々好きだったヴィータだったが俺の中でまた株が上がった。・・・けどコレって、死亡フラグとかじゃないよね?


時空管理局サイド・・・

nanohaA6-46.jpg

猫耳双子使い魔キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!!


nanohaA6-47.jpg

早速襲われるクロノ君・・・本日のクロノ君の見せ場です。

ついでに淫獣も狙われる・・・フェレットってネズミじゃねーだろ・・・(フェレットもどきだが・・・)




nanohaA6-48.jpg

リーゼ達、クロノ君の師匠らしいし・・・クロノ君修行フラグが立ったか?(今のままじゃ、戦力外になりそうだしなぁ・・・)




次回
またバトルだぜぃ・・・熱いねぇ~~!!!

壊れた過去と現在となの











追記
ヴォルケン組への肩入れ度が上がった回だったなぁ。次回は仮面の戦士も再登場するようだしどう話が動くのかな?

・・・ってか、なのはサイドはここ2周、出番が少ないなWW




スポンサーサイト

コメント

父親の友人は

TBはらせてもらいました。
ホントいい話でしたね。
自分は、はやての父親の友人は記事にもしたけどグレアムだとおもいますね。
今後もよろしくお願いしますw

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://kagayakinikki.blog14.fc2.com/tb.php/65-cc1b85b7

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

魔法少女リリカルなのはA's 第6話

「それは小さな願いなの(後編)」泣けた!!今回ははやてとヴォルケンリッターの過去話がメインでしたが、とにかく泣かされました。はやてちゃんはテラ良い子だし、そんなはやてちゃんを心から

それは小さな願いなの(後編)

 せ、切ないよ~・゚・(ノД`;)・゚・ なのはで泣きそうになるとは思ってなかった…。とりあえず順番に感想を。 「それは小さな願いでした。

魔法少女リリカルなのはA's 第6話

今回は主に騎士達のお話でした。 では行きますよ。 こんなにムキムキだったっけ? あまりにマッチョなアルフにちょっと引いてしまいました。 昔からこんなだったか? まあいいけどさ。アルフがマッチョでも。 こりゃ気絶するわ・・・・・ 怖すぎ

魔法少女リリカルなのはA's 第6話 「それは小さな願いなの(後編)」

第6話 「それは小さな願いなの(後編)」 それは小さな願いでした。何事もない穏やかな日々、ただ静かに過ぎていく日々。何よりも愛しかっ

魔法少女リリカルなのはA's 第6話 「それは小さな願いなの(後編)」 (キャプ感想)

魔法少女リリカルなのはA's 第6話 「それは小さな願いなの(後編)」 (キャプ感想)

  • | 2005-11-06 |
  • 萌えと燃えの日記。
  • ▲PageTop

感想:魔法少女リリカルなのはA's #6 『それは小さな願いなの(後編)』

運命とは、かように残酷なものか。はやてとヴォルケンリッターの絆の強さと、彼らの悲壮な決意を描く第6話。[魔法少女リリカルなのはA’s 公式ホームページ] ある程度予想できていたこととはいえ、改めて事情を語られるとかなりクるものがありますね。やはり、ヴォルケ

  • | 2005-11-06 |
  • ダメオタRの徒然雑記
  • ▲PageTop

魔法少女リリカルなのはA’s 第6話

こっ今回、すごくすごく良かったvvvはやてちゃんホントに良い子ですvv“闇の書の主”について話すクロノ達。何も知らないなのは達は「案外主は近くにいるのかも」と云ってたけど。その帰りなのはの携帯へはやてが泊まっていたすずかちゃんから二人を撮った写メが届

  • | 2005-11-07 |
  • 裏庭で_語ってみよう(>∀<*)ノ
  • ▲PageTop

なのはA’S 第6話 「それは小さな願いなの(後編)」

視聴後の心境こんな話作って…また俺を泣かしたいのかアンタたちは!!!いつになったら種ネタをやめられるんでしょうか?w                                                                     

リリカルなのはA's 6話 感想など

はやてとベルカの騎士たちの出会いが明らかになりました。第一

  • | 2005-11-07 |
  • ナカオタ~中途半端なオタクblog~
  • ▲PageTop

魔法少女リリカルなのはA's 第06話 「それは小さな願いなの(後編)」

今回は状況把握編でしたね はやてと闇の書の関係 はやてとシグナム達の出会い はやての足の病気の理由 シグナム達が闇の書の完成を目指す理由 というかなにを書いても結構なネタバレになりそうなのですが・・・ まだ本編見て無いのに迷い込んできてしまった方はお気をつけ

  • | 2005-11-07 |
  • 真正ラピスBlog(仮)
  • ▲PageTop

魔法少女リリカルなのはA’s第6話「それは小さな願いなの(後編)」

ヴォルケンリッターはやっぱりいい人だった話なのは達があまり出てこない分ちょっと消化不良な感じはあるんですけど、良い話だということとヴィータがそれを補ってくれました。

魔法少女リリカルなのはA's 第06話 「それは小さな願いなの(後編)」 キャプ感想

ヴォルケンリッターはいいやつらじゃねーか (ノД`)なのは達よりこっちを応援したくなってきたよそれもこれもヴィータが可愛くて可愛くて・・・・・

  • | 2005-11-07 |
  • あるちん日記A's
  • ▲PageTop
  • | 2005-11-07 |
  • ツクツクボウシがなく頃に
  • ▲PageTop

出会い 魔法少女リリカルなのはA's#6

      今回ははやてと守護騎士ヴォルケンリッター達とのであった頃のお話が中心。はやては昔から闇の書を持っていたのだがそれが闇の書

【魔法少女リリカルなのはA's】第6話「それは小さな願いなの(後編)」感想

腸炎治ったぁー!!いえ、まったくの私事なんですが、一週間以上引っ張った病気が治ると嬉しいものです。これでますますTRPGに励むことが出来ます。でも、アニメの方に6話まで追いつかれてしまった…というわけで今週も、魔法少女リリカルなのはA's感想、始...

  • | 2005-11-09 |
  • 鴎の行くままに ~とあるTRPG者の呟き~
  • ▲PageTop

リリカルなのはA‘s 第6話

 A‘sの6話はヴォルケンリッターとはやての話とリーゼロッテ、リーゼアリアとクロ

  • | 2005-11-09 |
  • 鷹2号の観察日記
  • ▲PageTop

魔法少女リリカルなのはA’s #6

それは、小さな願いでした何事も無い穏やかな日々ただ静かに過ぎていく日々何よりもいとおしかったその日々に暗く、静かに落ちた影運命という名の鎖を断ち切る力この手に得ることが出来るのなら全てを捨ててもかまわないと誓いは夜天の星のもとこ....

  • | 2005-11-09 |
  • パズライズ日記
  • ▲PageTop

魔法少女リリカルなのはA's 第6話「それは小さな願いなの(後編)」

ごめん、涙が出ちまった・・・。今回ははやてとヴォルケンリッターの過去が明らかになる話だったんですが、それがまた重くって・・・。もうヴォルケンリッターのみんな大好きだ~~!!魔法少女リリカルなのは Vol.5新房昭之 田村ゆかり 水橋かおり キングレコード 20...

  • | 2005-11-09 |
  • ぷらすまいなす研究所 ~in the azure~
  • ▲PageTop

(アニメ感想) 魔法少女リリカルなのはA's 第6話 「それは小さな願いなの(後編)」

ああ、なんかこのアニメ見るのがだんだんつらくなってきました。だって切ないんだもの、前回のハヤテのオープニングにはぐっとくるものがありました。これからさらに戦いは激しくなり、鬱展開になっていくでしょうけど最終的にはハヤテの小さな願いが叶うことを祈っています

  • | 2005-11-09 |
  • ゲームやアニメについてぼそぼそと語る人
  • ▲PageTop

魔法少女リリカルなのはA‘S  6話「それは、小さな願いなの(後編)」

 引き続き、闇の書並びにヴォルケンリッターの説明を受ける、なのは&フェイト+淫獣☆『母』プレシアに実娘・アリシアの代替物として生み出されたという、なんとも言えない過去を持つ、フェイトは『人間でも使い魔でもない』というところに敏感に反応しますが、クロノ&リ

  • | 2005-11-09 |
  • 月の砂漠のあしあと
  • ▲PageTop

[アニメ] 魔法少女リリカルなのはA's #6「それは小さな希望なの(後編)」感想

命令できるって事は、あんなことやこんなことも出来るってこと!?もしはやての立場なら とりあえず服を脱いでもらって・・・qzうぇdrtgyふじこlp(そんな妄想しかできないorz)確かにいきなりこんな展開ならこうなるのも無理ないはやてとニアミス!今後、親しい

  • | 2005-11-09 |
  • endlessspace-無限空間
  • ▲PageTop

魔法少女リリカルなのはA’s 第6話 & 灼眼のシャナ 第5話 感想

<魔法少女リリカルなのはA’s 第6話「それは小さな願いなの(後編)」>では、感想です。なんやエエ話やな~・゚・(ノ∀`)・゚・。

  • | 2005-11-09 |
  • じゃすてぃすのハピ☆マテだいあり~
  • ▲PageTop

『リリカルなのはA’s』第6話 観ました

この作品、主題歌(OP,EDともに)売れ行きが凄い事になっているのですが(ただ単に競争相手がなかっただけ?)、人気はすごいです。で、それとともに普及しつつあるのが『杖萌え』なる言葉です。確かに、アイテムの魔道形態の杖は主思いでかっこよいですし健気ですから

  • | 2005-11-11 |
  • 「きつねのるーと」と「じーん・だいばー」のお部屋
  • ▲PageTop

なのはA's 第6話

今までの展開から、はやてはヴォルケンリッターたちが闇の書関連の人たちってこと自体知らないんだと思ってましたorzよく考えると1話で闇の書起動シーンでてきてましたもんね…

  • | 2005-11-11 |
  • 海の蒼、空の青
  • ▲PageTop

 | HOME | 

宿を訪れし者達

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

プロフィール

セレム

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

フリーエリア

Designed by Loco-net.blog 

FC2Ad

Copyright © 宿の日記帳 All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。